アーカイブ: ‘頭の体操’ カテゴリ

優しい言葉

  1. 仕事のミスで落ち込む私に「これもらってくれる?」電車で出会った「おばあさんの言葉」に「泣きそう」

lu104528ex30_tmp_7508203b 今日は次のような心温まる情報が飛び込んできました。世の中捨てたもんじゃない!と勇気づけられる情報でした。
落ち込んでいるとき、誰かの何気ないひと言に励まされることがありますよね。知人は仕事がうまくいかないときに出会ったあるおばあさんに、とても励まされた経験があるそうです。今回の話は、そんな知人から聞いた、疲れている方におすすめな、ちょっと和むほっこりエピソードです。

仕事がうまくいかない日々

働き始めたばかりのころ。仕事にはまだまだ慣れないし、何かと先輩に怒られるしで、ちょっと落ち込んでいたことがありました。

初めてなんだから最初からうまくいくわけがない、と今ならわかります。ですが当時は、『自分ってこんなに役立たずなんだ』と感じてしまっていました。

    1. いつもと違う電車で出会ったおばあさん

朝の通勤電車、その日はちょっと早めに駅に着いたので、いつもの特急ではなく普通電車に乗ることに。混雑した特急とは違い、座席もちらほら空いていました。

座席に座っていると、隣に座っていたおばあさんに「今日はいいお天気ですね」と話しかけられました。びっくりしたのですが、「そうですね」と返事したあと、なんとなく「今日はどこかへお出かけですか?」と質問を返している自分がいました。

そこから周りの迷惑にならないよう、小さめの声で少し会話をしました。会話の内容はたわいもない話だったのですが、仕事中の『要件は短く的確に!』のような忙しい会話とは違う、のんびりした会話はなんだか心地よく、楽しいものでした。

    1. あなたのおかげで楽しかった

おばあさんが次の駅で降りる、というタイミングで「これもらってくれる?」と何かを手渡してきました。

それは飴3つと折り紙で折ったウサギでした。

とてもかわいらしいプレゼントに私は、

「わあ、かわいい。ありがとうございます」と笑顔がこぼれました。

おばあさんは続けて

「今日はおしゃべりしてくれてありがとう。あなたのおかげで楽しい時間を過ごせたわ」と言ってくれました。

    1. 私でも役に立てる

私自身も、ただおばあさんとの会話を楽しんでいただけなのに。私はこのとき、おばあさんの言葉に少し泣きそうな気持ちになりました。

仕事で役立たずな自分に落ち込んでいましたが、『こんな私でも役に立った』と言ってもらえたのがとても嬉しかったのです。

おばあさんは、「ありがとう」を伝えたい人に渡せるよう、飴と折り紙をいつも持ち歩いているんだそう。なんてステキなんだ、と感動しました。いつもはゆううつな朝の通勤時間が、おばあさんのおかげでステキな朝になりました。

    1. まとめ

「ありがとう」を伝えるために小さなプレゼントをいつも持ち歩いているなんて、とてもステキですね。日々の生活の中で、感謝の気持ちを伝えることは、周りの人に温かい気持ちを与えることに繋がる大切なことなんだなと感じました。

ホッコリさせてもらったお礼に少し頭を使うとは思いますが、数独を提供させていただきますので、お暇な折にチャレンジしてください。


lu104528ex30_tmp_80e25938 lu104528ex30_tmp_10d59509

2024年5月23日はスーパームーンの日です

珍しく”ダッファーさんの家”には2つの投稿が行われました。最初はスーパームーンのお話です。
皆さん昨夜のスーパームーンはご覧になりましたか。スーパームーンについては次のような解説がありましたので紹介します。

スクリーンショット 2024-05-23 103638

◎2024年5月満月はいつ?

月は2024年5月23日の日本時間22:53(13:53 GMT)に満月になります。その時、月はさそり座に位置します。満月になる前日と後日は、肉眼では月が丸く明るく見えるはずです。

◎2024年5月の月の満ち欠け

  • 下弦の月:5月1日20:27(11:27 GMT)
    新月:5月8日12:22(03:22 GMT)
    上弦の月:5月15日20:48(11:48 GMT)
    満月: 5月23日22:53(13:53 GMT)
    下弦の月: 5月31日02:13(5月30日17:13 GMT)

◎今日、月の近くの明るい星は何?
5月の満月付近で最も明るい点は、「サソリの心臓」とも呼ばれる赤みがかった星アンタレス(1.1等星)です。アンタレスを簡単に見つけるには、
Sky Tonightアプリを使ってください。また、月の近くにある惑星は、専用記事から知ることができます

◎フラワームーンとは

フラワームーン(英語:Flower Moon、花の月)は、5月満月の最も人気のある名前の1つです。なぜそう呼ばれるのですか?答えは簡単です。北半球では、5月は多くの花が咲く季節です。開花する自然の美しさに喜んで、ネイティブアメリカンはそれにちなんで満月と名付けました。すべての満月の名前を見ると、それらが特定の月に典型的な自然の特徴に何らかの形で関連していることがわかります。このインフォグラフィックを見て、自分の目で確かめてください!

2024年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。

◎5月満月の他の名前
世界のさまざまな地域の人々は、5月の満月のさまざまな名前を作り上げていました。それらのいくつかを見てみましょう:

  • 中国人:龍月
    セルティック人:明るい月
    ウィッカ人:兎の月
    チェロキー人:植物の月
    南半球:ビーバームーン、フロストムーン

◎次の満月はいつ?
日本時間2024年6月2日10:08(01:08 GMT)、ストロベリームーンと呼ばれる次の満月が表示されます。天体イベントを見逃さないために、Sky Tonight アプリでの通知にご期待して、また、SNSでフォローしてください。2024年のすべての満月について知りたい方は、満月カレンダーをお読みください。

◎次のフラワームーンはいつ?

フラワームーンは5月に起こる満月ですから、次回は来年、2024年5月23日に行われます。その日、天文衛星はてんびん座に位置します。

◎興味深い事実:日本の月面探査機SLIM

現在、月面では、日本の月面探査機「SLIM」(スリム)があります。4月24日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、SLIMの通信を再開したと発表しました。この探査機は、1月の月面着陸後、3回目の月の夜を乗り越えました。月の夜は約2週間続き、気温は氷点下170度まで下がります。このような過酷な環境にも関わらず、SLIMは設計上の予想を超えて長期間にわたって機能を維持し、月面の写真を撮影して地球に送信することに成功しています。この探査機は過酷な環境に耐えられる設計になっておらず、稼働できるのは数日と見込んでいました。

◎2024年のフラワームーン:キーポイント

5月の満月は、2024年5月23日の日本時間22:53(13:53 GMT)に起こります。この月に咲く花にちなんで「フラワームーン」と名付けられました。Sky TonightまたはStar Walk 2アプリを使って、現在の月の満ち欠けと天空の位置を知ることができます。晴天に恵まれ、楽しい月見ができたことを祈っています!

2回の投稿お礼として数独を紹介しますので、後程ゆっくりとチャレンジしてください。

スクリーンショット 2024-05-23 051345

デジタル時代に最適な「メモの取り方」

”手書きとタイピング、本当に効率がいいのはどっち?デジタル時代に最適な「メモの取り方」”という記事に接しました。少し長い話になりますが、ご辛抱のほどを。

電子書籍や動画、音声コンテンツなど、スマホを使えば時間と場所を選ばずにインプットができる時代に私たちは生きています。
便利になる一方で、情報を理解して自分で咀嚼するためには、ひと手間の工夫も欠かせません。そこで「メモを取る」というプロセスが必要になってきます。
今回は、今だからこそ活用すべき効果的なメモのとり方について考えます。皆さんのお役に立てれば幸いです。

”写真やスクショで残せるのに、メモを取るべき理由はこれまでメモは出来事を記録したり、要約する役割を担ってきました”

しかし、デジタルツールの普及により、スクリーンショットや録音・録画など、もっと簡単かつ手軽に記録ができるように。加えて、それらデジタルデータであれば、何度でも見直すことも可能です。

また要約に関しても、ChatGPTといった強力なツールが登場しました。果たして、このような時代に、あえてメモをとる必要はあるのでしょうか?

スタンフォード・オンラインハイスクール校長の星友啓さんの著書『脳を活かすスマホ術 スタンフォード哲学博士が教える知的活用法』(朝日新書)では、メモをとることの重要性を以下のように述べています。

【メモやノートを取ることは、記録を残しておくこと以上に、学んだ内容をいったん頭に入れて脳を動かすという働きです。

このポジティブな作用は、効果的なインプットには欠かすことができません。

「スクショ」や「GPT要約」が習慣になってしまうと、ついついメモやノートを取らなくなってしまい、そのせいで脳のゴールデンタイムを自ら手放してしまいかねないのです。】

スクショやChatGPTに頼り切ってしまうと、インプットの時間がただのタスクに終わってしまう可能性があります。だからこそ、学んだことを自分の頭で考えて咀嚼するために「メモ」が必要なのです。

手書きとデジタルを使い分けるのがコツ

では現代において、メモはどのように取るのがいいのでしょう? 昔ながらにノートにペンで手書き?それともPCやスマホにタイピング、フリック入力?

どちらの方が効率がいいのか、気になりますよね。星さんによれば、答えは「ケースバイケース」だそうです。

まず、「読むインプット」の時は手書きが効果的だと言われています。読んでいる時には、自分で読む速度を変えられる。

読みながら、同時にメモを取る人はあまりいませんよね。そこで、読むことをいったん止めて、それからメモを書くわけですが、この時に読んだ内容を脳で咀嚼することができるわけです。

本などのテキスト情報の良いところは、自分のペースで読み進められること。理解が追いつかなければ前のページに戻って確認することもできます。
そんな「読むインプット」では、自分のスピードで理解を深められる手書きのメモが効果的とのこと。手書きメモのメリット:「読むインプット」が効果的になる。

では、タイピングやフリック入力が適しているのはどのような場面なのでしょうか。

一方、授業やプレゼンなどで人の話を聞いている時には、タイピングが効果的です。

もちろん、タイピング慣れしていることが前提ですが、パソコンやタブレットでタイピングをする方が、手書きよりも断然速くメモを取ることができます

だいたい平均で2~3倍くらいの速さの違いがあると言われています。

読書と違って、講義やセミナーの場合は、聞くインプットが中心。講師の話すスピードに合わせてメモをとらなければなりません。その際、手書きだとどうしても時間がかかってしまいます。メモを一生懸命に取るあまり、大事なことを聞き逃してしまう可能性も。

なので、スピードの面で有利なデジタルメモの方が向いているわけです。

また、保存と検索が容易という点でも、デジタルメモにはメリットがあります。紙のノートだと、どんどん量が増えていきますし、過去の記録を探すのに時間もかかってしまいます。

デジタルメモのメリット:速くメモができる、保存検索が簡単
これらを踏まえて、自分のペースで学ぶ時は手書きで、セミナーや講座ではスマホやPCにテキストで記録するなど、メモのとり方を使い分けると良いでしょう。

手書きにしかできないことは、まだある”ちなみに、筆者は基本的にノートにメモするタイプ。タイピングがそこまで早いわけではなく、タイプミスも多いので、修正しているとあれよあれよという間にメモが追いつかなくなってしまうのです。”

とはいえ、PCもタブレットもスマホも持っているのに、なぜわざわざ手書きでノートに書くのだろうと改めて考えてみました。

手書きの効果について調べるなかで、『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』(ライダー・キャロル著・ダイヤモンド社)の一節が腑に落ちたので紹介します。

ペン先を紙に置いたとたんに、頭と心が直接つながる回路が生じる。これはまだデジタル空間では再現できていない。

だからこそ、今日まで、さまざまなアイディアが紙に書いたメモから生まれてきたのだ。ノートを使うもうひとつの理由?それは、柔軟性だ。

たとえばエクセルなどのソフトウェアはじつに便利だけれど、決まり切った特徴のなかでしか機能しない。

また特定の機能に秀でているモバイルアプリは、利便性に限りがある。どちらの場合においても、あなたはデジタル側が選んだ枠組みのなかで操作しなければならない

たしかに、手書きなら繰り返し出てきた内容に矢印を引っ張ったり、大事な言葉に線を引いたりするなど、簡単にビジュアルで残すことができます。

情報を感覚的に残せるのは、自由自在に動かせるペンとノートの余白あってのことなのでしょう。思ってもいなかった気づきを得たり、瞬時に事象と事象を結びつけたりできるのは手書きならではの価値だと感じます。

今後、テクノロジーがさらに発展しても、人間の体の機能は大きく変化しません。自分の可能性を最大限に生かすために、インプットの目的と状況に応じて、メモのとり方を使い分けてみてはいかがでしょうか。

お疲れついでに、数独で頭の体操をチャレンジしてみませんか。

スクリーンショット 2024-05-16 063556スクリーンショット 2024-05-17 064352

一寸悩ましいクイズです

昨日は新聞休刊日だったので、のんびりと過ごしてしまいました。今日14日からはまた何時ものようにダッファーさんにも投稿紹介をしなければなりません。
のんびりした付けが回ってきました。大急ぎで今日の投稿紹介をしなければなりません。
そこで考えたのですが、何時もなら”漢字の読み取りクイズ”で始まるのですが、今回は逆に”次の読みを漢字で書いてください”という問題にしようと考えました。

ということで、今日のクイズに挑戦してください。

【例題】
【しゃっくり】→『吃逆』
というクイズなのです。面倒かもしれませんが数を少なくしましたので挑戦してください。

【わざわざ】→『      』
【ふつつか】→『      』
【ゆたんぽ】→『      』
【あけび】→『      』
【うたたか】→『      』
【こぞって】→『      』

如何でしたか?回答の出来具合は?





1 2 3 328