投稿タグ ‘処暑’

夏から秋へ移行する時季です

syottl8月後半にさしかかると、日中は相変わらずの残暑が続くが、朝夕は暑さが収まり、過ごしやすくなってきます。空は澄んで高く、風は爽やか、濃く短かった影が長く軟らかくなていることに気が付きます。本来の七夕はこのころなのです。「処暑」は次の「白露」までの間の8月23日から9月7日頃までの期間です。

skehai syokehai 行合の空:夏から秋に移り行く中で、夏の暑気と秋の冷気が入り交じるように生き合う空のことです。入道雲がわき上がる空に、はけで空を優しくなでたような巻雲や、魚のうろこのような鰯雲が姿を見せ始めます。

■七十二候の区分

syokou sysyokou 綿柎開(わたのはなべし、ひらく)8月23日から8月27日頃まで。

綿を包む柎(はなしべ)が開き、中からふわふわの綿毛が姿を現すころ。これをほぐし綿の糸を紡ぐ作業が始まります。

sjikou syjikou 天地始粛(てんちはじめて、さむし)8月28日から9月1日頃まで。

日中は厳しい暑さが続くが、朝夕は少しずつ涼しくなり、天気図に秋雨前線が現れて、秋の気配が現れ始めます。

matukou symakkou 禾乃登(こくもの、みのる) 9月2日から9月7日頃まで。

稲穂が膨らんで黄金に色づき、早いところでは稲刈りが始まります。台風が襲来してくる時期でもあるので注意が必要です。

■旬のもの

syokuzai

sanma サンマ:すべてが国産で天然物という貴重な魚です。8月に獲れる北海道~三陸産は脂が乗っていて美味です。
simaaji しま鯵:高級魚であり、アジの仲間では最もおいしいと言われています。名前の由来は幼魚のときに体に黄色い横縞があることから来ているそうです。岩手県宮古以南の沿岸に生息して、特に八丈島や伊豆七島のものが珍重されます。
iwasi イワシ:暑さが増すにつれて脂が乗って美味しくなります。味噌や薬味を刺身にたたき込んだナメロウは暑い時期にピッタリの食感です。
sinsato 新里芋:冬場の大きな里芋とは一味違う瑞々しさが特徴です。丸ごと茹でて皮をつるりとむいて食べる、衣かつぎがお勧めです。
konasu こなす:重さ10~20グラムの丸形をした小さいなすで、浅漬けやからし漬けの漬物によく使われます。秋が深まると、果肉が締まってより美味しくなります。山形県産の「民田なす」という品種が有名です。
satumaimo さつまいも:中国から宮古島に渡ったのが始まりで、その後、九州で栽培され「薩摩の芋」として定着しました。干ばつに強くて収穫量が多く、凶作を救う作物として全国に広まりました。植物繊維が豊富なので便秘に効果があると言われます。
nasi 梨:日本原産の日本梨、ヨーロッパの洋梨、中国梨があり、それぞれ品種も豊富です。シャキシャキとした瑞々しい食感がおいしい。「幸水」「豊水」「二十世紀」など様々な品種があります。
sudachi すだち:ゆずに似た似た果実であり、枝にはトゲがあります。さわやかな香りは、焼き魚や土瓶蒸しなど、素材の味わいを引き立たせるような料理に合います。生産量のほとんどが大分県産です。

smikaku

kuzukiri くずきり:きな粉と黒蜜をかけて甘味として食べるとおいしいくずきり。くずきりは、京都・祇園の300年ほど続く、老舗和菓子店である「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」というお店が発祥のようです。

くずきりの原料くずきりのは、くず粉からできています。くず粉は葛という植物の根を砕き、水で洗ってでんぷん質を沈殿させます。水とでんぷん質が別れたら、水を捨ててでんぷん質を乾燥させれば葛粉のできあがり。

葛粉はくずきりの他、水まんじゅうなどにも使われ、料理ではとろみをつける片栗粉と同じような役割としても使用されます。ごま豆腐を固めるのにも葛粉が使用されます。

■くずきりの作り方

葛粉を水に溶き型に流し、加熱して固めます。板状に固まったくずきりを細く切れば、ご存知くずきりのでき上がり。

■食べ方

漆器に入ったくずきりに黒蜜をかけて頂くのがオーソドックスな食べ方。細長い形状なので、まるで麺類かのようにツルッと口の中に入ります。コクのある黒蜜の風味や喉ごしの良さも魅力です。

近年は、フルーツ味や黒ごま味、京都らしい抹茶味など、新しい食べ方も増えています。

スーパーなどでは、水煮のものがパック入りで売られている場合と、乾燥で売られている場合があります。水煮のパックはこんにゃくなどが置いてある売り場に、乾燥の物は乾物コーナーに置かれていることが多いです。

syachou

sasagoi ささごい:夏鳥として飛来し、「キュウ」と鋭い声で鳴く。主に川や池、水田などの水辺で生活します。じっと立ち止まって待ち伏せし、魚を見つけると首をさっとのばして挟み取ります。葉や虫などを疑似餌にし、詰まってきた魚をとらえることもあります。
mozu モズ:いろいろな鳴き方をするうえ、カエルや虫を捕まえて枝に差す「モズのはやにえ」という不思議な習性があります。
suzumebachi すずめばち:攻撃性が高く、毎年刺されることによる死亡例は熊や蛇の被害を上回ります。黒い部分を攻撃する習性があるので、黒っぽい服装をしていると襲われる可能性が高くなります。
matumusi まつむし:立てたハネを震わせて「チンチロリン」と歯切れの良い声で鳴きます。

すずむしに比べて飼育が難しいため、近年では数が減少しており、残念ながら都市部ではその鳴き声を聞く機会が減っています。

skusa

waremo ワレモコウ:赤に見えみえない地味な色合いから「我も紅」と命名されたとか。控えめな姿が愛らしくて人気が高い。

sgyouji

kazebon おわら風の盆:おわら風の盆は、富山県富山市八尾地区で、毎年9月1日から3日にかけて行われている富山県を代表する祭です。

越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露します。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了します。2006年(平成18年)に、「とやまの文化財百選(とやまの祭り百選部門)」に選定されています。おわら風の盆のスケジュールは次のようになっています。

前夜祭並びに本祭の公式スケジュール期間内は、踊り手、地方(じかた)はそれぞれ各町内で決められた衣装であるが、それ以降は地方の多くが各自思い思いの着流しに着替え、草履も履き替え町流しに出る。またOGなどが踊りに加わります。

■前夜祭

本祭前の8月20日から30日まで11日間に渡り前夜祭が行なわれます。なお、31日は本祭前の休みです。前夜祭の期間中は18時30分から20時まで八尾観光会館で風の盆の上映会・踊り方教室・踊りの鑑賞会が行われ、その後、毎夜11町(支部)が交代で20時より自町内にて町流しと輪踊りまた舞台踊りを22時まで行っている。輪踊りには一般観光客も輪に入り踊ることができます。

■本祭 9月1・2日

本祭初日と2日目は、15時から各町で町流し・輪踊りがはじまり、公式スケジュールでは23時までとされています。なお、17時から19時までは夕食のため踊りは休止となります。19時から20時35分ごろまで、八尾小学校グラウンドに特設される演舞場で競演会が行われ、各町内の優美なおわらを鑑賞することができます。

■本祭 9月3日

最終日となるこの日は、19時から各町での町流し・輪踊りがはじまります。1日、2日同様、八尾小学校グウランド、八尾観光会館のほか、何箇所か設けられる特設ステージや、各町の公民館前などでも演舞を見る事ができるほか、上新町での大輪踊り、各町の公民館前、町の辻々などでも輪踊りが行われます。

JR越中八尾駅に最も近い福島支部の踊り手たちは、毎年4日早朝、越中八尾駅ホームにて富山駅行き、猪谷駅行き始発列車の乗客をおわらで見送る「見送りおわら」を行っているそうです。

朝夕は涼しくなる時節です

syottl8月後半にさしかかると、日中は相変わらずの残暑が続くが、朝夕は暑さが収まり、過ごしやすくなってきます。空は澄んで高く、風は爽やか、濃く短かった影が長く軟らかくなていることに気が付きます。本来の七夕はこのころなのです。「処暑」は次の「白露」までの間の8月23日から9月7日頃までの期間です。

skehai syokehai 行合の空:夏から秋に移り行く中で、夏の暑気と秋の冷気が入り交じるように生き合う空のことです。入道雲がわき上がる空に、はけで空を優しくなでたような巻雲や、魚のうろこのような鰯雲が姿を見せ始めます。

■七十二候の区分

syokou sysyokou 綿柎開(わたのはなべし、ひらく)8月23日から8月27日頃まで。

綿を包む柎(はなしべ)が開き、中からふわふわの綿毛が姿を現すころ。これをほぐし綿の糸を紡ぐ作業が始まります。

sjikou syjikou 天地始粛(てんちはじめて、さむし)8月28日から9月1日頃まで。

日中は厳しい暑さが続くが、朝夕は少しずつ涼しくなり、天気図に秋雨前線が現れて、秋の気配が現れ始めます。

matukou symakkou 禾乃登(こくもの、みのる) 9月2日から9月7日頃まで。

稲穂が膨らんで黄金に色づき、早いところでは稲刈りが始まります。台風が襲来してくる時期でもあるので注意が必要です。

■旬のもの

syokuzai

sanma サンマ:すべてが国産で天然物という貴重な魚です。8月に獲れる北海道~三陸産は脂が乗っていて美味です。
simaaji しま鯵:高級魚であり、アジの仲間では最もおいしいと言われています。名前の由来は幼魚のときに体に黄色い横縞があることから来ているそうです。岩手県宮古以南の沿岸に生息して、特に八丈島や伊豆七島のものが珍重されます。/span>
iwasi イワシ:暑さが増すにつれて脂が乗って美味しくなります。味噌や薬味を刺身にたたき込んだナメロウは暑い時期にピッタリの食感です。
sinsato 新里芋:冬場の大きな里芋とは一味違う瑞々しさが特徴です。丸ごと茹でて皮をつるりとむいて食べる、衣かつぎがお勧めです。/span>
konasu こなす:V重さ10~20グラムの丸形をした小さいなすで、浅漬けやからし漬けの漬物によく使われます。秋が深まると、果肉が締まってより美味しくなります。山形県産の「民田なす」という品種が有名です。
satumaimo さつまいも:中国から宮古島に渡ったのが始まりで、その後、九州で栽培され「薩摩の芋」として定着しました。干ばつに強くて収穫量が多く、凶作を救う作物として全国に広まりました。植物繊維が豊富なので便秘に効果があると言われます。
nasi 梨:日本原産の日本梨、ヨーロッパの洋梨、中国梨があり、それぞれ品種も豊富です。シャキシャキとした瑞々しい食感がおいしい。「幸水」「豊水」「二十世紀」など様々な品種があります。
sudachi すだち:ゆずに似た似た果実であり、枝にはトゲがあります。さわやかな香りは、焼き魚や土瓶蒸しなど、素材の味わいを引き立たせるような料理に合います。生産量のほとんどが大分県産です。

smikaku5

kuzukiri くずきり:きな粉と黒蜜をかけて甘味として食べるとおいしいくずきり。くずきりは、京都・祇園の300年ほど続く、老舗和菓子店である「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」というお店が発祥のようです。

■くずきりの原料くずきりのは、くず粉からできています。くず粉は葛という植物の根を砕き、水で洗ってでんぷん質を沈殿させます。水とでんぷん質が別れたら、水を捨ててでんぷん質を乾燥させれば葛粉のできあがり。

葛粉はくずきりの他、水まんじゅうなどにも使われ、料理ではとろみをつける片栗粉と同じような役割としても使用されます。ごま豆腐を固めるのにも葛粉が使用されます。

■くずきりの作り方

葛粉を水に溶き型に流し、加熱して固めます。板状に固まったくずきりを細く切れば、ご存知くずきりのでき上がり。

■食べ方

漆器に入ったくずきりに黒蜜をかけて頂くのがオーソドックスな食べ方。細長い形状なので、まるで麺類かのようにツルッと口の中に入ります。コクのある黒蜜の風味や喉ごしの良さも魅力です。

近年は、フルーツ味や黒ごま味、京都らしい抹茶味など、新しい食べ方も増えています。

スーパーなどでは、水煮のものがパック入りで売られている場合と、乾燥で売られている場合があります。水煮のパックはこんにゃくなどが置いてある売り場に、乾燥の物は乾物コーナーに置かれていることが多いです。

syachou

sasagoi ささごい:夏鳥として飛来し、「キュウ」と鋭い声で鳴く。主に川や池、水田などの水辺で生活します。じっと立ち止まって待ち伏せし、魚を見つけると首をさっとのばして挟み取ります。葉や虫などを疑似餌にし、詰まってきた魚をとらえることもあります。
mozu モズ:いろいろな鳴き方をするうえ、カエルや虫を捕まえて枝に差す「モズのはやにえ」という不思議な習性があります。
suzumebachi すずめばち:攻撃性が高く、毎年刺されることによる死亡例は熊や蛇の被害を上回ります。黒い部分を攻撃する習性があるので、黒っぽい服装をしていると襲われる可能性が高くなります。
matumusi まつむし:立てたハネを震わせて「チンチロリン」と歯切れの良い声で鳴きます。
すずむしに比べて飼育が難しいため、近年では数が減少しており、残念ながら都市部ではその鳴き声を聞く機会が減っています。</strong

skusa

waremo ワレモコウ:赤に見えみえない地味な色合いから「我も紅」と命名されたとか。控えめな姿が愛らしくて人気が高い。

sgyouji

kazebon おわら風の盆:
おわら風の盆は、富山県富山市八尾地区で、毎年9月1日から3日にかけて行われている富山県を代表する祭です。
越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露します。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了します。2006年(平成18年)に、「とやまの文化財百選(とやまの祭り百選部門)」に選定されています。おわら風の盆のスケジュールは次のようになっています。
前夜祭並びに本祭の公式スケジュール期間内は、踊り手、地方(じかた)はそれぞれ各町内で決められた衣装であるが、それ以降は地方の多くが各自思い思いの着流しに着替え、草履も履き替え町流しに出る。またOGなどが踊りに加わります。
■前夜祭
本祭前の8月20日から30日まで11日間に渡り前夜祭が行なわれます。なお、31日は本祭前の休みです。前夜祭の期間中は18時30分から20時まで八尾観光会館で風の盆の上映会・踊り方教室・踊りの鑑賞会が行われ、その後、毎夜11町(支部)が交代で20時より自町内にて町流しと輪踊りまた舞台踊りを22時まで行っている。輪踊りには一般観光客も輪に入り踊ることができます。

■本祭 9月1・2日
本祭初日と2日目は、15時から各町で町流し・輪踊りがはじまり、公式スケジュールでは23時までとされています。なお、17時から19時までは夕食のため踊りは休止となります。19時から20時35分ごろまで、八尾小学校グラウンドに特設される演舞場で競演会が行われ、各町内の優美なおわらを鑑賞することができます。
■本祭 9月3日
最終日となるこの日は、19時から各町での町流し・輪踊りがはじまります。1日、2日同様、八尾小学校グウランド、八尾観光会館のほか、何箇所か設けられる特設ステージや、各町の公民館前などでも演舞を見る事ができるほか、上新町での大輪踊り、各町の公民館前、町の辻々などでも輪踊りが行われます。
JR越中八尾駅に最も近い福島支部の踊り手たちは、毎年4日早朝、越中八尾駅ホームにて富山駅行き、猪谷駅行き始発列車の乗客をおわらで見送る「見送りおわら」を行っているそうです。

夏から秋に移り行く頃です

syottl 8月の後半にさしかかると、日中は相変わらずの残暑が続きますが、朝夕は暑さが収まり、過ごしやすくなってきます。空は澄んで高く、風は爽やかになっていることに気づかされる頃です。「処暑」は次の「白露」までの間の8月23日から9月7日頃までの期間です。

skehai yukiai 行合の空:夏から秋に移り行く中で夏の暑気と秋の冷気が入り交じるように行き合う空のことです。ゆく季節とくる季節が一体となった風情ある空です。

■七十二候の区分

ssyokou syoko 綿柎開(わたのはなしべ、ひらく) 8月28日から9月1日頃まで。 綿を包むはなしべが開き、中からふわふわの綿毛が姿を現すころ。これをほぐして綿の糸を紡ぐ作業が始まる。
sjikou jikou9 天地始粛(てんち、はじめてさむし) 8月28日から9月1日頃まで。 日中は厳しい暑さが続くが、朝夕は少しずつ涼しくなり、天気図には秋雨前線が現れ、秋の気配が現れ始める。
smatukou makko9 禾乃登(こくのもの、すなわちみのる) 9月2日から7日頃まで。 稲穂が膨らんで黄金に色づき、早いところでは稲刈りが始まる。台風が来襲してくる時期でもある。

■旬のもの

sgyokai

sanma さんま: すべてが国産で天然物という貴重な魚です。8月に獲れる北海道~三陸産は脂がのって美味です。七輪に網を載せってもうもうと煙をたなびかせて焼いたさんまの美味しいこと!
iwasi イワシ: 暑さが増すにつれて脂が乗って美味しくなります。味噌や薬味を刺身にたたき込んだナメロウは暑い時期にピッタリの食べ物です。
simaaji しまあじ:伊豆諸島でよく獲れる高級魚で、大きなものは1mを超えるものもあります。刺身はもちろん、江戸前の握りの人気のネタです。
kasago かさご: 近年では高級魚とされ、引き締まった新鮮な白身は、刺身や洗いとして食されます。

syasai

konasu 小茄子: 重さ10~20グラムの丸形をした小さななすで、浅漬けやからし漬けの漬物によく使われます。山形県産の「民田なす」という品種が有名です。
satumaimo サツマイモ: 中国から宮古島へ渡ったのが始まりで、その後九州で栽培され「薩摩の芋」として定着しました。食物繊維が豊富なので便秘に効果があると言われています。

mikaku

kuzu くずきり: 葛粉を水で溶かして加熱し、冷やして固めたものをうどんのように細長く切った食べ物。一般的にデザートとして食べられます。

smusi

suzume スズメバチ: 活動の最盛期を迎えたスズメバチがアシナガバチを食べに来る時期。最も危険な時期なので絶対に近づかないように注意しましょう。
matumusi まつむし: 立てたハネを震わせて「チンチロリン」と歯切れよい声で鳴きます。すずむしに似ていて、混同されることが多かった。近年は数が減少していて、都市部ではその鳴き声を聞く機会が減ってしまっています。

syacho

sasagoi ささごい: 夏鳥として飛来し、「キュウ」と鋭い声で鳴きます。主に川や池、水田などの水辺で生活します。立ち止まって待ち伏せし魚を見つけると首をさっと伸ばして挟み取ります。
mozu もず: 色々な鳴き方をするうえ、カエルや虫を捕まえて枝に刺す「モズのはやにえ」という不思議な習性を持っています。

skusa

waremo ワレモコウ: 赤に見えない地味な色合いから「我も紅」と名付けられたそうです。控えめな姿が愛らしく人気が高い。
hageito 葉鶏頭: 日が短くなってくると、葉が茎の先端の方から赤く鮮やかに色づき始めます。花は緑色で葉の付け根に球形にかたまって咲くので、ほとんど目立たない。日本では古くから観葉植物として栽培されています。

skajitu

nasi 梨: 日本原産の日本梨、ヨーロッパの洋梨、中国梨があり、それぞれの品種も豊富です。「幸水」「豊水」「二十世紀」などさまざまな品種があります。
シャキシャキとした瑞々しい食感がおいしい。
sudachi すだち: 果汁が多く酸味があり、酢のかわりに使われてきました。かぼすより一回りほど小さい。生産量の全国第一位は徳島県。
豊富なビタミンCを含んでおり、焼き魚などの秋から冬の料理を引き立てる名脇役となります。

sgyou

hassaku 八朔:⼀⽇(ついたち)のことを「朔⽇(さくじつ)」ともいいます。⼋朔とは⼋⽉の⼋、⼀⽇の朔から、⼋⽉⼀⽇の略称でもあるのです。
旧暦の8⽉1⽇は、新暦の9⽉上旬頃をいいこの時期になると稲穂が実り始め、収穫を待つ頃となります。2018年の⼋朔は9⽉10⽇になります。
⼋朔は別名、「⽥の実の節句」とも⾔われています。
「⽥の実」が「頼み」と同じ読みから、⽥の神様に豊作を祈願する⽇となりました。
またこの時期には、農家でお世話になっている⽅々に初穂を贈る習わしがあり、それらが次第に武家や公家にも伝わり、恩義のある⽅に贈り物をする⾵習が始まりました。
⼋朔は⼆百⼗⽇から⼆百⼆⼗⽇と並んで「農家の三⼤厄⽇」の⼀つでもあり、災害の多い時期の象徴でもあります。
また、「⼋朔祭り」とは、作物が天災に遭わずに実るように五穀豊穣を祈り祈願する⾏事です。
瀬⼾内では「⾺節供」とも称されていたようで、⼋朔の⽇に⾵の被害に合わないように祈願する「⾵祭り」が⾏われる地⽅もあるようです。
この時期はちょうど稲が実るころとなりますが、⽇本に台⾵が到来する時期と重なり、農家には悩みの種といわれています。
そこで「⼋朔祭」には神様にお供えをし、奉納踊りや奉納相撲をしたりして、天災に遭わずに作物が実ることを祈願するのです。

smaturi

kazebon おわら風の盆: 二百十日の初秋の風が吹くころ、おわら風の盆の幕開けを迎えます。毎年9月1日から3日にかけて行われるこのおわら風の盆は、今も昔も多くの人々を魅了します。
涼しげな揃いの浴衣に、編笠の間から少し顔を覗かせたその姿は、実に幻想的であり優美です。それぞれの町の伝統と個性を、いかんなく披露しながら唄い踊ります。
この風の盆は、「元禄15年(1702)3月、加賀藩から下された「町建御墨付」を八尾の町衆が、三日三晩歌舞音曲無礼講の賑わいで町を練り歩いたのが始まりとされています。
どんな賑わいもおとがめなしと言うことで、春祭りの三日三晩は三味線、太鼓、尺八など鳴り物も賑々しく、俗謡、浄瑠璃などを唄いながら仮装して練り廻りました。これをきっかけに孟蘭盆会(旧暦7月15日)も歌舞音曲で練り廻るようになり、やがて二百十日の風の厄日に風神鎮魂を願う「風の盆」と称する祭りに変化し、9月1日から3日に行うようになった」と言われます。
二百十日の前後は、台風到来の時節。昔から収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、豊作祈願が行われてきました。その祭りを「風の盆」というようです。また、富山の地元では休みのことを「ボン(盆日)」という習わしがあったと言われます。種まき盆、植え付け盆、雨降り盆などがあり、その「盆」に名前の由来があるのではないかとも言われています。

暦の上では涼しくなるのですが

katori1 一年間を24等分した二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、「8月後半にさしかかると、日中は相変わらずの残暑ですが、朝夕は暑さが収まり、過ごしやすくなってくる時期です。空は澄んで高く、風は爽やかになってくる気づかされます」。2017年は8月23日から9月6日ごろまでを「処暑」といいます。 そして七十二候ではこの間をさらに3つに分けます。

watahana ■初候:綿柎開(わたのはなしべ、ひらく) -8月23日から27日頃まで。
綿を包むい柎(はなしべ)が開き、中からふわふわの綿毛が姿をあらわすころ。これをほぐし綿の糸を紡ぐ作業が始まる。
akikehai ■次候:天地始粛(てんち、はじめてさむし) -8月28日から9月1日頃まで。
 日中は厳しい暑さが続くが、朝夕は少しずつ涼しくなり、天気図には秋雨前線が現れ、秋の気配が現れ始める。
inaho ■末候:禾乃登(こくのもの、すなわちみのる) -9月2日から6日頃まで。
稲穂が膨らんで黄金に色づき、早いところでは稲刈りが始まる。台風が襲来してくる時期でもあるので注意が必要。

syun

sudachi ■野菜1 スダチ
カボスに似るが爽やかさではスダチが格上です。産地徳島では輪切りのスダチをたっぷり使ったスダチそばも絶品。漬物や野菜サラダにかけてもおいしい。
nasu ■野菜2 なす
焼く、煮る、揚げるなどあらゆる方法で調理されます。淡白な味で他の食材とも合せやすく、また油を良く吸収し相性が良い。皮も薄く柔らかいので剥かずに調理されることが多い。また、ナスは古くからフグと相性が良いとされ、てっちりやフグ汁には切ったナスが盛り込まれることがあります。
sanma ■魚1 サンマ
すべてが国産で天然物という貴重な魚。8月に獲れる北海道から三陸産は脂がのっていて美味です。
iwasi ■魚2 イワシ
暑さが増すにつれて脂が乗って美味しくなります。味噌や薬味を刺身にたたき込んだナメロウは暑い時期にぴったりの食べ物です。
ware ■花1 ワレモコウ
赤に見えない地味な色合いから「我も紅(こう)」と命名されたとか。
控えめの姿が愛らしく人気の高い花です。
mukuge ■花2 木槿
ムクゲはアオイ科フヨウ属の落葉樹。庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花です。
白の一重花に中心が赤い底紅種は、千宗旦が好んだことから、「宗丹木槿(そうたんむくげ)」とも呼ばれます。
budou ■果物 ぶどう
果実は、そのまま生食されるほか、乾燥させてレーズンに、また、ワインやブランデーなどのアルコール飲料、ジュース、ジャム、ゼリー、缶詰の原料となります。世界的にはワイン原料としての利用のほうが主ですが、ワインを原料とした酢(ワインビネガー)も製造されます。
mozu ■鳥 モズ
色々な鳴き方をするうえ、カエルや虫を捕まえて枝に刺す「モズのはやにえ」という不思議な習性を持っています。
bousai ■行事1 防災の日
9月1日は、1923年(大正12年)に関東大震災が起きた日です。
近代日本が初めて経験した大災害である関東大震災の教訓を忘れないとともに災害への備えを確認する日として、9月1日が防災の日に定められました。
hassaku ■行事2 八朔祭
旧暦8月朔日(1日)の呼び名で、現在では9月初旬に早稲を捧げ、豊作を祈るさまざまな形の「八朔祭」が各地で行われます。江戸時代には全国の大名が江戸城に上がる紋日でもありました。
kazebon ■行事3 おわら風の盆
二百十日に由来する行事で、富山県八尾町のお祭りとして有名なこの行事は毎年、処暑の期間、9月1日から3日にかけて行われます。二百十日の台風災害の多いとされる日に、“風神鎮魂”を願い、無事に田畑の収穫を迎えるころができるよう祈るお祭りです。
jizou ■行事4 地蔵盆
8月23日24日にある地蔵菩薩の縁日(お祭り)ですが、地蔵盆が風習としてある地域は京都を中心とした近畿地方、北陸・信州に限られます。京都では町内ごとに、お地蔵さんの前にテントが張られて、花や餅が供えられ、子どもたちがその前に集まって遊ぶのです。

暦の上では秋ですが

日中は相変わらずの残暑が続きますが、朝夕は暑さが収まり、過ごしやすくなってくる時期です。涼しさを含む風、夜になると庭先で聞こえる虫の音に、秋の気配が漂い始めます。
この時期を「処暑」といい8月23日~9月7日ごろの期間です。

七十二候ではこの期間を次の3つに分けています。
◎初候:8月23日~27日-綿柎開(わたのはなしべひらく)-綿を包む咢[がく]が開く
wata_hana
◎次候:8月28日~9月1日-天地始粛(てんちはじめてさむし)-ようやく暑さが鎮まる
akizensen
◎末候:9月2日~9月7日-禾乃登(こくものすなわちみのる)-稲が実る
inaho

image
海の幸・山の幸が豊富な時期です。代表的な食材を取り上げてみます。
◎海の幸:サンマ、イワシ、シマアジ

sanma

iwasi simaaji

サンマやイワシは冷凍物では何時でもスーパーなどの店頭に並んでいるのでこの時期の食材とは思えませんが。

◎山の幸:カボス、スダチ、新里芋、青柚子、青唐辛子

kabosu sudachi
satoimo aoyuzu

aotogarasi

image

◎植物では「ワレモコウ」。
waremokou

◎生き物では「スズメバチ」、「モズ」

suzumebachi mozu

スズメバチは御免被りたい生き物ですが。

image

◎八朔(はっさく)
八月朔日の略で、旧暦の8月1日のことです。この頃、早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあったことから、田の実の節句ともいう。この「たのみ」を「頼み」にかけ、武家や公家の間でも、日頃お世話になっている人に、その恩を感謝する意味で贈り物をするようになったそうです。

hassakumaturi

◎二百十日
立春から数えて210日目。今年は8月31日です。
台風が来ることが多いので、風をおさめるための祭りが各地で行われます。有名な祭りが「越中おわら風の盆」です。
おわら風の盆は、富山県富山市八尾(やつお)地域で、毎年9月1日から3日にかけて行われている富山県を代表する行事です。
越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する。おわら風の盆が行なわれる3日間、合計25万人前後の見物客が八尾を訪れ、町はたいへんな賑わいをみせます。

kazenobon
オッサンも一度は行って見たいのですが・・・。

1 2