投稿タグ ‘数独4題’

「未唯mie」記念日です

今日から3月に入りました。梅の花が先、鶯の鳴き声、3月3日の雛祭りなどと言えば、暖かい春の到来です。

ところで皆さん「ピンクレディー」をご存知ですよネ。「ミー」こと根本美鶴代と「ケイ」こと増田惠子の2人組。「ペッパー警部」「S・O・S」「カルメン’77」「渚のシンドバッド」「ウォンテッド(指名手配)」「サウスポー」などでミリオンセラー、オリコン1位、日本レコード大賞の受賞など数多くの記録を残しましたことはご承知だと思います。
その「ミーさん」が、3月1日を「未唯mie」記念日として制定しました。記念日を通してファンとの交流を深めることが目的だったそうです。
そして「未唯mie」さんは1981年(昭和56年)のグループ解散後はソロ歌手のほか、タレント、女優など幅広く活躍しました。

ふと思ったのですが、我が家の猫の「ミー助君」を名前が似通っているところから、「未唯mie」さんにあやかって、我が家の「ミー助」記念日に制定したいと思ったのですが・・・。
経歴や実力はmieさんに遠く及びませんし、性別の違いもありますが・・・。苦手な寒さから、暖かい春という言葉に誘われて見た夢でしょうね。
3月最初の数独を紹介しますので、目を覚ましてチャレンジしてください。

msuuc03_01 asuuc03_01
suuN1 suuN2

「マブダチ」の語源・由来

「マブダチ」ってことはご存知ですか。また、その意味もです。
頬に傷のあるお兄さんたちが使っていそうな言葉のように思えて、「私はそのような言葉って使わないし、知りませんわよ!オホホ!!」なんて言ってる場合じゃありません。

ものの本によると【「マブダチ」とは、「本物の友達」「親友」という意味の言葉である。島根県の山奥にある世界遺産「石見銀山」は、昔、この山にトンネルを掘って銀を採掘していた。そんな石見銀山のトンネルの入り口にある石碑の一番下には「間歩」と書かれている。「間歩」というのは「鉱山の坑道」(トンネル)を表す言葉だった。なぜ「トンネル」が「本物」という意味に変わったのか。
盗賊たちの間では「金脈に通じる」ことから、「本物である」「良いものである」という意味に変化していった。江戸時代の盗賊にとって鉱山のトンネルは本物の金や銀が盗める場所だった。「本物」という意味だけが残り、現在の「マブ」になったと考えられている。そして「マブ」に「友達」を意味する「ダチ」が付けられ、「マブダチ」という言葉が生まれたと記載されているそうです】
と説明されていますよ。
お待たせしました。数独を愛する「マブダチ」達に頭の体操の材料を与えます。初級から難問まで揃えました。暇を見つけてチャレンジしてください。

suusyo01_12 msuuc01_11
suuJ01_12 suuN01_12

下手な考え・・・

昨日は青空が広がる晴れの天気だったので、調子に乗ってこのブログに動画を掲載しようと思い準備を始めたのですが・・・。
かなり以前に動画を投稿したことがあったような気がして、資料を探してみたのですが、見当たりません。

試行錯誤しながらやってみたのですが、夕方近くなっても結局解決できず未だ頭を抱えたままです。
ふと気が付いたら、紹介しなければならなかっら数独を紹介することができなかったという現実でした。一日遅れになりましたが、お詫びを込めてその数独達をこれから紹介させていただきますので、チャレンジ方お願いいたします。

asuuc11_23 msuuc11_23
asuuc11_25 msuuc11_25

鋭い感性!!

今朝は雨降り!残念ながらミー助君との早朝散歩はできなくなりました。
それを感じ取ったのか、散歩はあきらめて朝寝坊をしている様子です。お腹が空いたら起き上がってくるでしょう。

朝刊の読者投稿欄に次のようなイラストが掲載されていました。

illa10_26柿が実る時期なのですね。軒先に吊るし柿の並んだ様子が見られる頃でもあります。
もう一つ、今日の朝日川柳の「Youth川柳」掲載欄に次の川柳が金賞を獲得していました。

つないだ手てらしてくれたつきあかり-新井翔子(6歳)

6歳の女の子の句と思えますか。この完成のすばらしさ。オッサンは脱帽です。
とうていこのような川柳を詠むことなどオッサンにはできません。

数独でさえまともに完成させられないオッサンですから、川柳とか俳句なんって詠めるわけはありませんが。

頭の体操用の数独を紹介しますので、完成させてください。

msuuc10_26 asuuc10_26
suuJ10_26 suuN10_26

 

良い天気になるかなあ

青空が広がる良い天気になりました。冷え込みも昨日に比べると穏やかになりました。早朝はいいことずくめのようですが、秋の天気は何時心変わりするか分かりませんので、油断なりません。

心変わりしないのは、ミー助君の早朝散歩の心構えです。
午前5時過ぎから起き上がって来て、オッサンの仕事を監視していて遅れ気味の時は、「早くしないといけないニャー!」と腕をヒ掻いて催促をする始末。
そして午前5時40分過ぎには玄関で待機しているので、いやがうえにも散歩に出かけなければならない有様です。
今朝もそのような状況の下、散歩に付き合わされました。朝の散歩は気分が良いのか、早くて40分、気分が乗れば(オッサンは乗っていませんが)約1時間歩き廻ってくれます。眠気は吹っ飛びますが、腹の虫がグウグウと泣いています。
というような状況が毎朝繰り広げられるのです。

と言った話はさておいて、今日の頭の体操の題材を提供します。新聞掲載の数独4題です。頑張ってください!!

suuc10_20 asuuJ10_20
suuJ10_20 suuN10_20

1 2 3 5